インドネシア進出を成功させる術を伝授する|様々なノウハウを知ろう

メンズ

事前に決める必要がある

男性

香港で会社設立を考えている国内の企業は多いはずです。香港は、中国の特別行政区であり、アジアの中でも重要な経済都市となっています。中国の巨大なマーケットに参入するための足がかりとしても、香港に会社設立をすることは有効だといえます。中国の企業にとっても、香港に会社設立を行うケースは増えているので、中国とのより強固なパイプを獲得する意味でも、香港にはさまざまなビジネスチャンスが広がっているといえます。香港の魅力といえば、なんといっても経済自由度指数が世界で一番という点にあります。しかも20年以上も長きに渡って世界で一番という歴史を誇ってます。タックスヘイブンに指定されているのも、世界中の企業が香港に会社設立をしている理由として挙げられるでしょう。金融インフラが整っていることと、香港での会社設立が非常に簡単でスムーズなことが、企業にとっては、メリットが大きいため人気となっているのです。香港に会社設立を検討するならは、事前に決めておく必要がある事項があります。それは、会社名、資本金、出資者、役員、会社秘書役、監査役、登記する住所です。会社名は、中国語か英語になります。もしくは、両方の名前を登記することもできます。しかし、既に登録されている名前や似通って紛らわしい名前の場合は、登記が認められません。事前にリサーチをしておくことが大切です。また、出資者は1人以上が必要になりますが、現地に住んでいなくても大丈夫です。資本金は、1香港ドル以上であれば制限はないといいます。