インドネシア進出を成功させる術を伝授する|様々なノウハウを知ろう

メンズ

取得で大切なこと

握手

香港でのビザ申請には、どのようなポイントが大切になってくるのでしょうか。まず香港で働くためには就労ビザなどの取得が欠かせませんが、取得するのは難しいといわれています。適切なビザを持たずに、香港で働いているのが当局に見つかった場合は、罪になり、罰金刑や刑務所に入る必要があります。そのため、事前にしかるべきビザを取得してから香港で働くようにしましょう。また、ビザ取得に不安や心配がある場合は、香港のビザ取得を専門にする業者もあるので、相談してみることをおすすめします。香港のビザ取得では一度断られると、次に申請しても通らない確率が高いといわれています。そのため、初回のビザ申請が重要になるため、慎重に行う必要があるのです。申請が可能なビザとしては、一般的には就労ビザが多いでしょう。スタッフとして現地で働くためには必須のビザとなります。専門業者には13000香港ドル程度から取得を依頼することができるようです。ほかには、株主が必要となる投資ビザ、香港で働くスタッフの家族が取得する扶養家族ビザなどがあります。また、1年以内の期間に限定する研修ビザもあります。これは、研修内容が、香港というエリアでしか習得できないスキルかどうかがポイントとなります。ほかには、7年以上香港で働いて住んでいる人が対象の永住権、ワーキングホリデー、更新などさまざまなビザの取得が業者を通して依頼することができます。種類によってはそれぞれ特徴が違いますし、条件も異なるので、しっかりと確認することが大切です。